簡単にお腹痩せを実現するために必要なこと

ステロイドについて知っておいたほうがいいです。

ステロイドって結局は危険なの?実は安全なの?
何がどういう風に危険だということは知られていないのではないでしょうか。

 

 

いろいろな情報が飛び交ったりしているのですが、実際には何が正しいものなのか判断するのは簡単ではないですよね。

 

不安だからできるだけ使いたくないなぁなんて思っていても、結局は病院で出されてしまうなんてことも十分にアリえます。

 

 

個々で注意していただきたいのは、
自分でかってに判断して使わないでおこうというのは、極力やめておきましょう。

 

 

ステロイドっていうのは、種類も様々あって、強い弱いというものもあります。

 

なので、ステロイドだから、という理由だけで避けることは誤った判断になりかねません。
さいあく、現在赤ちゃんに起きている症状を改善することもできず、余計に悪くなってしまう可能性もありえます。

 

 

お医者さんは症状を見て判断してステロイドを処方しています。
用法用量をまもって使っていけば、わりと安心して使えるんですね。

 

→ ステロイドはやっぱりよくないのか?

 

ステロイドの治療についてはやっぱり副作用が心配ですよね。
でもよく考えると、副作用というのは、だいたいの薬にはついているのではないでしょうか。
度合いにもよりますけどね。

 

赤ちゃんがステロイドを使うとどうなるのかというところが不安要素の一つなのですが、
それは赤ちゃんが持っている抵抗力が下がってきたりするかもしれません。
あとは機能が低下する、なんてこともいわれています。

 

そうなるとどうなるのか、ということなのですが、ウィルスとか細菌によって、感染症になってしまう可能性が高くなってしまうということなんですね。

 

これは伝えておくべきことだと思って伝えました。

 

こんなこと書くと、やっぱりステロイドは使いたくないなって思ったり不安になったりするかもしれませんが、赤ちゃんの皮膚の状態によっては、使ったほうがいい場合もあるんです。判断がむずかしいところですが。

 

あなたの赤ちゃんをどうしたいのか、まずその辺を考えて、お医者さんと相談しましょう。

 

 

普段生活をしている上で、内面的にも外面的にも負担が小さいものや低刺激を心がけるようにしましょう。
具体的には食事や衣類あとは入力とその後の保湿ケアとなります。

 

 

ネガティブな情報が多いステロイドですが、検索すると色んな情報が出てきます。
参考になる物ならないものありますが、最終的な判断はあなたが行うことです。
そういった情報を完全にうのみにするのではなく、あくまで参考程度にとどめておくことも一つかと思います。

 

ステロイドを使うことに定刻がある場合は、お医者さんに相談することです。
タイミングなどもありますので、相談してケアをしていきましょう。

 

→ 私の赤ちゃんが耳切れに・・・。

関連ページ

アトピーの赤ちゃんがお風呂に入る時
赤ちゃんのアトピーに対しての治療方法やケアについて
モクタールは赤ちゃんにつかっていいの?
赤ちゃんのアトピーに対しての治療方法やケアについて
石鹸は使わないほうがいい?
赤ちゃんのアトピーに対しての治療方法やケアについて