アトピーの赤ちゃんがお風呂に入る時

お風呂に入る時にやっていることは?

アトピーの赤ちゃんがお風呂に入る時って何に気をつけなければ行けないの?

 

これは、ベースは赤ちゃんの入浴時と同じなんですね。
あとはどうしても痒い、痒がっている場合は気をつけるようにしましょう。

 

 

以下のポイントに注意しておきましょう。

 

◎体を洗う時
まず体を洗うわけなんですが、赤ちゃんをお風呂に入れる時は
汚れを落とすのが基本です。これは大人もですね。
常に清潔に保つように心がけるようにしたいのですが、
個々で気をつけるところは、刺激の少ないものを使うようにしましょう。
それが低刺激な石鹸をつかうこと。シャンプーを使う場合は低刺激なものを使うようにしましょう。

 

ジャブジャブ洗う感じではなくて、あわを使って汚れを浮かしてサッと洗い流す感じがいいです。

 

 

◎温度や時間は…?
これは赤ちゃんが体を洗う時よりも若干高めがいいんですね。
だいたい38度くらいがいいです。
季節関係なしに38度です。

 

厚くなってくると痒くなってきたりもするので
短い時間で、ぬるま湯がいいんですね。

 

 

◎体を拭く時は…
シャッシャッって拭くとか、ゴシゴシ拭くとかされているのですが
その辺は気をつけるようにしましょう。
だいたい水分を拭き取るだけがいいですね。

 

 

◎保湿はどうする?
お風呂から上がって拭き取った後に
保湿対策をしましょう。
個々が一番大事だと思います。
ちゃんと丁寧に保湿をすることですね。

 

肌に問題がある場合には、
刺激が抑えられている、低刺激なクリームもいいのですが、
安心度が高いのはファムズベビーです。
→ ファムズベビーを買って使ってみました。

 

 

◎服を着せるときは?
赤ちゃんが泣いていたり、あとは寒い時期なんかは
早く服を着せたくなります。

 

ちょっと待ってください。
一応赤ちゃんの様子を見ながら服を着せるようにしましょう。
汗をかいたり、冷えてしまったりなんてこともあるので。

 

 

普通に考えても赤ちゃんの肌というのは、大人と違ってそんなに抵抗力がありません。
わりと問題になりやすいんですね。

 

スヤスヤと眠ってもらうには、快適にしてあげることが
肌にも睡眠にもいいんですね。

 

 

関連ページ

モクタールは赤ちゃんにつかっていいの?
赤ちゃんのアトピーに対しての治療方法やケアについて
石鹸は使わないほうがいい?
赤ちゃんのアトピーに対しての治療方法やケアについて