簡単にお腹痩せを実現するために必要なこと

新生児ニキビで病院行く必要ある?

新生児ニキビってどうなんでしょう?
新生児ニキビ何ていう言葉がある事自体知らなかったんですが、いろいろ調べていくうちに生後2週間ほどでできるニキビが新生児にきびだということを知りました。

 

これってどうなんでしょう?大人のニキビと同じなのでしょうか?
何か赤ちゃん特有の病気があるのでしょうか?
だとするとすぐに病院に連れていく筆長があると思うのですが。

 

 

これは結論から言うと、
よほどヒドいものでなければ、そのままで大丈夫です。

 

 

 

 

だいたい新生児ニキビができるのは、ホホとか顔の部分にできます。
これを機転に広がったりしているので、何かの病気なのではないか?
なんて思うときもあるかもしれませんが、実は大人のニキビと同じです。
白くて芯があるもの、赤いもの、膿があるもの、と種類はあります。

 

 

小さいものや、狭い範囲のものであれば問題ないと判断しても大丈夫かと思います。
ひと目でひどい状況だと思ったり、炎症しているなぁと感じたら一度病院に相談にいくとよいでしょう。

 

 

 

原因は?
新生児ニキビになってしまう原因はだいたいが衛生面やホルモンだとされています。

 

 

衛生面と言われても、わりと気を使っている方だと思うけど…って思うかもしれません。
思っている以上に赤ちゃんからはよだれや汗が出ています。
こういったものが原因で新生児にきびになってしまうこともあります。

 

こまめにシーツなどを変えてあげるようにしましょう。

 

 

 

 

お風呂に入る時には、汚れを石けんなどでおとしてあげましょう。
ゴシゴシやるのではなくそっと洗い流す感じです。
お風呂からあがったあとはきれいな柔らかいタオルで、ポンポンと吸い取ってあげるようにしましょう。

 

お風呂上がりにクリームを使っていると思いますが、低刺激なものを使うようにしてあげましょう。
トラブル肌にも使えるものだと便利です。

 

 

私がつかっていたものは、保護もできるという【ファムズベビー】というものを使っていました。

 

そのおかげかどうかはわかりませんが、できていた新生児ニキビのようなものは、わからないくらいになっていったんです。
それでも保護の役割もあるので、ずっと使い続けていました。

 

→ ファムズベビーを購入して使ってみた結果…

 

 

ホルモンについて

 

ホルモンの影響というのは、お母さんからの影響が強く、受け継がれているものなんです。
なので、何をどうする、という対処方法としてはハッキリとしたものはないので、衛生面でフォローしていくようにしましょう。

 

 

どうしても過保護になってしまいがちなんですが、あまり力を入れすぎないようにしましょう。
デリケートにならないように、ということでうsね。
あまり過剰にキレイにしようとすると、赤ちゃんの肌はデリケートなので逆にとらぶるになってしまうかもしれません。
難しいところですけど。

 

 

時間が経ってニキビが治りかけてくると、この部分の革がメクレてくとか、かさぶたになってくると思います。

 

これが気になって、はがしたくなってきたりするのですが、これはこれで放っておいて問題はありません。
むしろその方がいいです。

 

新生児にきびについては、あまり薬に頼らずにキレイに過ごしていれば、特に問題はありません。

 

しばらく観察をつづけて、全く治らなかったり、範囲が広がりかけて状況が悪くなったりして来るような感じがしたら、他の要因も考えられますので病院に連れて行って相談しましょう。

 

 

 

関連ページ

赤ちゃんの耳切れについて
赤ちゃんがアトピーになったかも!? これって治るのでしょうか?かわいそうだしすぐに直してあげたいって思っているあなたに。
腕や足に湿疹が…どうすればいい?
赤ちゃんがアトピーになったかも!? これって治るのでしょうか?かわいそうだしすぐに直してあげたいって思っているあなたに。
首の湿疹について知っておくべきこと
赤ちゃんがアトピーになったかも!? これって治るのでしょうか?かわいそうだしすぐに直してあげたいって思っているあなたに。